おまとめローンの申し込みをするとき注意すること

おまとめローンは簡単には審査が通らないことを最初に肝に銘じておきましょう。

おまとめローンの申し込みをすることは、既に複数の消費者金融や銀行から借入れがあることです。
ですから、おまとめローンを受ける金融会社も慎重になっていて当然です。
そのような状況の中、おまとめローンの申し込みをするのですから安易な気持ちで臨むなら失敗する確率が高くなります。

最初にやることは借入れ状態を把握することですが、その前にやっておかなければいけないことがあります。
それは勤務先を金融会社に伝えることができる身辺状態にしておくことです。

申し込みのときに無職であったならおまとめローンは絶対に受け入れられません。
ですから、少なくとも3ヶ月間は働いている状況を作っておくことが大切です。

今の時代は申し込む方法にはいろいろな手段がありますが、一番よい方法はネットでの申し込みです。
金融会社はいろいろな手段を駆使して信用力を計ろうとします。
それこそ話し方であったり家族構成であったり様々です。

しかし、借りるほうとしては緊張して自分が有利な説明を簡単に出来るものではありません。
ですから、表情が見えないネットが一番有利です。
しかし、基本的には本当のこと、真実を告げるのが基本です。
なにかのきっかけでひとつでも嘘がばれたならそれで終わってしまいます。

福島銀行のローン利用時に必要な書類とは

福島県福島市に本店をかまえる福島銀行は、10万円から1万円単位で、最高500万円までのキャッシングを可能にするフリーローン商品が有ります。

このキャッシング商品は、福島銀行ではパート、アルバイト、そして専業主婦の人にも申し込みを可能にしており、キャッシングの利用額は30万円までと制限が有りますが、キャッシングの利用が出来るようにしてあります。
また、利用限度額が300万円までは、必要書類としての収入証明書が不要になるなどの特徴が有ります。
キャッシングを利用する場合は、返済を行うための口座が必要になりますが、福島銀行の商品の中には来店不要で申し込みが可能になり、しかも取引が無くても利用可能なキャッシング商品が有ります。
この商品においての必要書類についても、300万円以下の申し込みの場合は、収入を確認可能な書類の提示は不要になっており、必要書類として用意が必要なものは、本人確認資料のみとなります。

本人確認資料と言うのは、運転免許証、健康保険証、パスポートなどであり、何れかの書類の写しを用意しておけば良いのです。
尚、申し込み書や必要書類と言うものは、福島銀行で管理を行いますので返却がされません。

評価の中に見る利用者の事情と未来を拓くおまとめ

おまとめの口コミ評価でみのがしては行けないのは、おまとめにした後の状況です。
どのように大きな融資枠をうまく利用して、未来を築くための土台にしていっているかということが大事なのです。
借金の重みが肩に掛かるのではなく、借金は足のしたの土台として未来に羽ばたくための肥やしとなっているという人の姿に励まされるものがあります。
お金を借りることで使ったお金は何らかの形になって有効なものとなり、家族の身についたり、心の豊かさになったりしている人達について、おまとめに出会う前の借金苦にひたすらやりくりをしている過去との比較をしてみましょう。
小さな借入で経済力は無くなり、人の心がすさぶけれども、大きな借入枠で一本化した生活は、経済力に響かない返済で楽になり、返済を続けることで、その分借入可能額ができてくるのです。
思い切って夢の家族旅行もできたという人達には、いきいきとした家族の絆やお互いに配慮しあえる心の余裕ができたなどのおまとめの意義に対する評価に、贅沢も単なる浪費にならないのだと解りました。
おまとめがこんなにもパワーのある生きる力を見いだすのだという認識を持った私です。
そして、そのような人が利用する金融機関の考え方は、借入は借金をするのではなく、目標を持ってそれを叶えるためにするものだということです。

だから、私はそのような考えの金融機関でローンカードを作りました。

学生におけるキャッシング

ilm18_ba04003-s学生でもキャッシングすることは可能です。
学生でも貸してくれる、所謂、学生ローンと言うやつです。
基本的には、学生の本分は
学業ですから収入はありません。
しかし、今は学生でもアルバイトをして
それなりに稼いでいることが多いのです。

もちろん、
最近、法改正された年収の三分の一以上の借金ができない、
ということは、
学生にも当てはまります。
また、主婦のような養われている人は、
養ってくれている人の許可がいります。

これは、学生のキャッシングでも同じ事ですから、
注意してください。
こうしたことを無視して貸してくれるところもありますが、
要するに闇金
と言うやつですから、利用しないことが賢明です。

また、キチンとした金融業者だとしても、
しっかりと金利を計算してから借りることをお勧めします。
金利は一パーセントでも高いと、
それだけで最終的に支払う金額がまるで変わってきます。

ですから、できるだけ金利は低いほうが良いに決まっています。
しかし、学生のような不安定な身分の人には、
高い金利で貸してくれる業者しかありません。

ですが、
その中でもできるだけ安い金利のところで
借りることをお勧めします。
できることかぎりのことはやるようにしましょう。

お金を借りれる会社をブログで報告するメリット

生活でどうしても必要になるものがあります。
それはお金です。
お金を使って人々は生活しているので、
毎月収入の範囲内で生活をしないと
お金はすぐになくなってしまいます。

しかし、余計な出費を減らしても、
払わないといけない必要経費は必ず発生します。
プライベートで電話を沢山してしまい、
通信費が高くなることや、
アパートの更新料が高くて今月ピンチに
なってしまう人も多くいます。

そのようなピンチの時にお金を金融会社から借りれると、
ちょっとお財布がピンチな時であっても
豊かな生活を送れます。

そのような経験をブログで書いてみましょう。
ブログでお金をどのようにして借りたのか、
その際にどのようなメリットがあったのか、
金融会社と付き合いがあったおかげで
どれだけ助かっているのか。
お金のことで困っている人にとって
役に立つ記事をブログで紹介することで、
紹介者には大きな副収入を得ることができます。

銀行や消費者金融会社によっては、
新しいお客様をネット経由で紹介してくれた
ブロガーに対して報酬を支払うシステムを
採用してくれるところもあります。

このようなシステムをアフィリエイトと呼びます。
お金を借りた経験を他の人にもブログで
教えてあげましょう。

その記事を読んだ人がメリットを感じ、
お金を借りれる金融機関のお客様になることで、
お金を借りた経験談がさらなる収入になって返ってきます。

多重債務者の傾向と対策

晴れて審査も通り、
金融会社の「おまとめローン」を利用して
複数の債務を一本化することができたとしても、
決してそれで借金がなくなるわけではありません。

ただ返済先が一箇所になってすっきりし、
月々の返済金額が減った
というだけで、
むしろ最終的な返済総額は増えていることのほうが多いのです。
油断は禁物です。

非常に残念なことに、
中にはせっかく返済先が一つになったにも関わらず、
再度新たに借金を重ねてしまう人もいます。
それは、その人の生活態度やものの考え方が、
多重債務者だった頃と全く変わっていないからです。

言葉は悪いですが「借金癖」が付いている人の場合、
生活に困ると、
すぐにまた安易にお金を借りてしまう傾向があるのです。

ilm2013_080-sダイエットでも、
せっかく痩せてスリムになっても生活が変わらない限り
すぐにまたリバウンドしてしまいます。
借金もそれと同じです。

せっかく返済が楽になったのですから、
今後は生活を見直して節約に励んだり、
収入のアップに繋がる努力をしていかないと、
結局はまた多重債務に苦しんでしまうことに
なりかねません。

根本的な問題点は自分にあるのだ
という自覚をしっかり持って、
地道に生活を送って行くことが最も大切なことです。

クレジットカードの審査が甘いところを探す方法

インターネットで買い物をしたり、海外で使ったり、
コンビニやレンタルショップのポイントを溜めたりと、
クレジットカードの利便性とその使用機会は、
昨今、ますます増加してきています。

しかし、いざカードを作成しようとすると、審査が厳しく、
なかなか思うように作れないという状況もありえます。
そのようなとき、どうすれば、
カードを手に入れることが出来るのでしょうか。

ilm22_ac02033-s

どのような審査が甘いところを狙えばよいのでしょうか。
まず、カードを問題なく作成するだけの資力をもっていれば、
それだけでハードルはぐっとさがります。

具体的には、最低で年収200万円
300万円あれば、だいたいのところは
パスすることが出来ます。
また、自己破産に至った経験のあるなしも、
大きく左右します。
もし、土地や建物などの資産があれば、
年収や経歴をある程度カバーすることができます。

多少年収などで足りていないと思っても、土地建物や、
世帯年収などでカバーされることもあるので、
思い切って申し込んでみると、
甘いところでは案外すんなりといけるものです。

最後にどの会社のカードを狙うか
というところですが、インターネット上で、
盛んにバナーを出したりして、
勧誘に勤めていたりなど、新興のところを狙うべきです。
多少のことでは目をつぶり、数を求めているところならば、
いけるでしょう。

念のため、キャッシング可能額を
最小にするなど手を打っておきましょう。

低金利なまとめローン

複数の金融機関から借入していた借金を、
一つの会社に一本化することをまとめローンと言います。
まとめローンにすることで、
以下のようなメリットがあります。

まず1つ目は、低金利に借換が出来るので、
支払総額が激減します。
次に2つ目は、各金融機関への手数料の
重複支払いがなくなります。
3つ目は、返済管理が簡素化されて、
返済計画を明確にすることが出来ます。
最後に4つ目は、精神的に余裕ができて、
生活リズムが安定します。

以上のようなメリットを基に、
まとめローンは以下のような人にお勧めです。
例えば、他社から小口で複数借入がある人です。
無担保キャッシングを複数借入している場合、
利息制限法以上の金利で契約している事が多く、
毎月の返済額の元金に充当される割合が低いです。

このような人が、まとめローンにすることで、
月々の返済額が減少します。
また、借入件数は少ないが大口で借入がある人の場合、
借入枠の全てを使い果たし、
残債が高額になっている事が多いです。

このような人が、まとめローンにすることで、
返済総額や支払利息などが減り、
毎月のお金の運用に余剰金を発生させることも可能です。

以上より、まとめローンで借換や一本化した借金は、
その借金を完済するまでは、低金利だからと言って、
新たに借入を起こさなず、日常生活の安定したリズムを保ち、
計画的に返済していく事が重要になります。

消費者金融とクレジットカードの違い

 消費者金融とクレジットカードは、
端的に言ってしまえば両者とも消費者信用を扱う企業と言う事で
同業として扱われます。

 消費者信用とは、消費者の信用、
つまり利用者の収入などを加味してその信用の証明や信用に関わる
サービスの提供を行う商売の事を差します。

 クレジットカードと消費者金融は、
両者ともサービスの分類としては上記の物なのですが、
具体的なサービス内容の違いで、分けられます。

 消費者金融やその他貸金業者など、
個人や企業の信用を加味し金銭の貸し付けを行う事が
主な仕事となります。

 その中でも、
個人に対しての貸し付け行うのが主流の企業を
消費者金融と呼ぶのです。
 一方クレジットカードは、販売信用と呼ばれる商売で、
月賦販売やローンなどと同じく、利用者の信用を加味し、
企業が物品購入時の金銭を立て替える企業の事を差すのです。

 仕事の内容は全く違いますが、
近年ではクレジットカードの機能やサービスとして
キャッシング等と呼ばれる金銭の貸し付けを行っている
企業も多くみられ、
逆に消費者金融業などはグレーゾーン廃止から
合併行ったり倒産が行われたため、
両者の区別が曖昧になってきています。

 クレジットカードを使ったキャッシングも、
消費者金融などと同じ分類ですが、
あくまでサービスの域を出ないと言う事で
金利が低く抑えられている事が多いです。

しかし、消費者金融より気軽に借りられる、
と言う事で無計画に借りてしまう人などもおり、
新たに問題視されている部分でもあります。

消費者金融にとってはとても厳しい改正貸金業法の問題

改正貸金業法においては、消費者金融に対して、
2つの大きな問題を残すことになっています。
一つは、総量規制との関係で、
銀行との差別化をどのように説明するのか
という問題です。

そして、もう一つの問題が、
総量規制での規制上限額の正当性の問題です。

グレーゾーン金利の適用が常態化していた
消費者金融業界に対して、
銀行が低金利で貸付をしてきたことから、グレーゾーン金利
という、利息制限法を超えた金利の適用を行ってきた
消費者金融に対しては、
より法的取締りを厳しくするべき
という理論から、改正法を根拠づける考え方があります。

しかし、これは、
グレーゾーン金利をそもそも発生させた法律の制定者に
問題があるといえます。
そもそも高い金利を消費者金融がつけざるを得なかったのは、
より広範囲な人に貸金を行うという面があったことは
否めない事実です。

生活が借金の返済のために立ちいかなくなった人がいた反面、
銀行から借りられない人たちの生活費を賄っていたことも
事実です。

他方、総量規制の、年収の3分の1を超えて貸付できない
という規制は正当でしょうか。
これは、貧乏な人にはお金を貸さないということに
等しくなりかねません。

貧乏な人ほど、
本来は、金融が必要になるはずのところ、
改正法の制限に妥当性があるかどうかは疑問が残るところです。

« Older Entries

    Blogroll

    Search the Blog